群馬県で9月に行われた
「音楽療法講座」「音楽療法研修会」

群馬音楽藝術学院「第4回音楽療法講座」

9月28日に前橋市の群馬音楽藝術学院行われた音楽療法講座は、高齢者・緩和ケア領域の1回目で、高齢者を対象とした内容でした。高齢者疾患、主に認知症の特徴と症状から、高齢者の音楽療法の目標、活動の目的を学び、高齢者の人格や心身機能の状態には個人差があるため、さまざまな状態の高齢者と向き合うことの難しさを知り得る機会でした。歌唱活動で、交互唱「紅葉と旅愁」と同時唱「スワニー河とユーモレスク」を2組に分かれて歌った時は、心地良いハーモニーとみなさんの笑顔で会場が活気づいておりました。後半のワークでは、前回にも増して、みなさんが熱心に、集中してメロディ奏の実践曲に取り組み、難しい曲にチャレンジしておりました。最後はトーンチャイムで「オーシャンゼリゼ」の曲をカウンターメロディ奏で演奏し、フィニッシュはみんなの気持ちがひとつになった瞬間でした。藤本先生が関わっていらっしゃる方の音楽療法セッションビデオを見せて頂き、20年目に初めて、1曲中離席せずに先生と一緒にピアノを弾き続けることが出来た感動を共有し、あきらめないこと、やり続けることの大切さを教えて頂きました。参加者は10名で少人数でしたが、馴染みの方も増え、アットホームな雰囲気の中で、熱心に楽しく学ばれておりました。

次回11月29日は最終回です。ミニお茶会もしたいと思いますので、是非ご参加ください。
(記 稲葉)

お問い合わせ・申し込みはこちらのサイトから

1
↑ワークは曲を選びメロディ奏を作る活動です。
「喜びの歌」「今日の日はさようなら」「ロンドン橋落ちた」の曲で練習中。

2
↑リズム模倣~Lが叩いたリズムをみんなで叩く、
 次は指名された人が叩いたリズムをみんなで叩いていくと…!?

MMT「音楽療法研修会 高崎」

9月29日に、高崎市大類公民館でMMT音楽療法研修会が行われました。午前中の講義では、購読本の続きを深く読み込み、1つの事例を分析しながら、細かい部分までつきつめて考えることの難しさと重要さを学びました。実践とワークでは、ビデオ観察をして、リーダーの1つ1つのアクションの緻密な意図と方向性を、みんなで考えて発表し合いました。相手のモードとタイミングを逃さず太鼓を差し出すには、高度な音楽技術と感性が必要であることがよく解る貴重な内容でした。その後で、参加者から太鼓回しの指導を受けたいという希望があり、音楽の中でタイミング良く意図的効果的に太鼓を差し出す練習を行い、全員が上達いたしました。後半は2名の方が個人指導を受けて研修会は終了いたしました。
参加者のなかで、今後の研修会についての話し合いが行われ、継続して開催することになりました。2015年は1月12日(月)、2月22日(日)、3月8日(日)まで日程が決まりましたので、今からご予定ください。
次回の研修会は、11月30日です。(場所は未定)
MMT「音楽療法研修会 高崎」の概要は右上部に常にリンクしておりますMMT「音楽療法研修会」をご覧下さい。
(記 稲葉)

武蔵野市で行われる
10月の研修会

10月19日に東京都武蔵野市でMMT「音楽療法研修会」が行われます。
詳細をご確認の上、お申し込み下さい。

・日 程:10月19日(日)
・時 間:9:00~10:00 個人スーパービジョン1
    10:00~11:00 個人スーパービジョン2
    13:00~16:30 ピアスーパービジョン
・主 催:NPO法人 音楽療法の会武蔵野(MMT)
・内 容:午前=個人スーパービジョン(スーパーバイザー:藤本禮子)
     午後=ピアスーパービジョン
    (発表者:西條久美子、座長:前橋美保、ファシリテーター:藤本禮子)
・対 象:午前=MMT会員/一般 2名
     午後=MMT正会員、有資格者 10名(下記に参加資格等の注意事項があります)
・参加費:午前=MMT正会員4000円/MMT賛助会員・一般5000円
     午後=MMT正会員1000円
・場 所:NPO法人音楽療法の会武蔵野事務局
・申込締切:10月11日(土)定員に達し次第締切ります
・申込必要事項:「個別スーパービジョン」と「ピアスーパービジョン」のどちらか、
        または両方か、を明示して下記の参加フォームからお申込み下さい。

<注意事項>
午後の研修会は、内容がピアスーパービジョンのため、誠に申し訳ございませんが、参加はMMT正会員で音楽療法士資格者(日本音楽療法学会認定音楽療法士、同補資格、全国音楽療法士養成協議会資格)10名に限定させていただきます。
参加費は当日受付でお支払い下さい。

MMT「音楽療法研修会 武蔵野」の概要は右上部に常にリンクしておりますMMT「音楽療法研修会」をご覧下さい。

entry

群馬県内で行われる
9月の講座と研修会

先月に引き続き、9月28日に群馬音楽藝術学院(前橋)で、音楽療法連続講座4回目が開催されます。
翌日29日は、MMT音楽療法研修会 高﨑」があり、こちらも4回目になり場所は高崎市大類公民館です。
どちらも、開催前日まで申し込みを受け付け致します。是非お気軽にご参加ください♪
なお、今後の予定は常にページ右上にリンクしてあります「講演会・研修会の長期スケジュール」に掲載していきますので、合わせてご確認ください。
過去に行われた講座と研修会の様子は右カテゴリの群馬からご覧いただけます。

●9月28日(日)
音楽療法講座 第4回 高齢者・緩和ケア領域における音楽療法1

・場 所:群馬音楽藝術学院ウインドホール
・時 間:14:00~17:00
・主 催:(財)群馬音楽藝術学院
・対 象:音楽療法士・音楽療法士資格志望者 、一般
・受講料:1回 3,000円
・申込締切:9月28日(日)19:00まで(直前のお申し込みはお電話が確実です)
・詳 細:詳細やお申し込みはこちらのサイトから

音楽療法講座画像

●9月29日(月)
第4回MMT「音楽療法研修会 高崎」

・場 所:高崎市大類公民館
・時 間:10:00~17:00
・主 催:NPO法人 音楽療法の会武蔵野(MMT)
・内 容:10:00~13:00 講義と実践
     14:00~17:00 個人指導(1時間/1人 定員3名)
・対 象:主にMMT正会員、音楽療法士・音楽療法士資格志望者
・参加費:個人指導(1時間)MMT会員 4.000円/非会員 5.000円
     講義と実践(3時間):MMT正会員 2,500円 /MMT賛助会員・一般 3,000円
・申込締切:9月28日(日)個人指導は先着順に受付し定員に達し次第締切ります
・申込必要事項:「個人指導」と「講義と実技」のどちらか、または両方か、を明示してお申込み下さい。

MMT「音楽療法研修会 高崎」の概要と予定は右上部に常にリンクしておりますMMT「音楽療法研修会」をご覧下さい。

entry

群馬県で行われた
「音楽療法講座」「音楽療法研修会」

群馬音楽藝術学院「第3回音楽療法講座」

8月30日に第3回音楽療法講座が開催されました。群馬音楽藝術学院は、新前橋駅から徒歩5分の距離にあるレンガ塀のモダンな建物で、1階のウインドホールが会場です。
初参加の方も2名いらして、お一人の方は東京中野区にお住いの看護師さんで、19名の方がご参加くださいました。 前半の「成人・精神科領域の音楽療法」についての講義では、精神科領域の対象者、特徴を知り、その治療法と音楽療法について学びました。…大切なことは、人間を見る事で、その人が何に困っているか、病態を知ることです…との藤本先生の力強い言葉が印象的でした。
後半のワークは、ハーモニー奏の実践です。ト-ンチャイムで、「富士の山」の曲を全員合奏した後で、3つのグループに分かれて曲をさがし、練習と発表を行いました。「故郷の空」「静かな湖畔」「カントリーロード」「北の国から」…などなど、沢山の曲が出てきて、トーンチャイムとゴールドベルの演奏会は、とても楽しく、会場は美しい音色に魅了されたみなさんの笑顔で溢れていました。次回のワークはメロディー奏です。カウンターメロディーの説明もあり、皆さん次回を楽しみにされていました。

次回は9月28日「高齢者の音楽療法 1」です。初めての方でも、わかりやすく楽しく学べる講習会ですので、ご興味のある方は是非参加なさってみて下さい!!
(記 稲葉)

お問い合わせ・申し込みはこちらのサイトから

photo3
↑道路側から群馬音楽藝術学院(群馬音楽アカデミー)を見た眺めです

image6 ←白で統一されたウインドホールは
 とても素敵です

 ↓正面にはグランドピアノがあり、
 ここでコンサートも開かれます
image9

image4
↑皆さん、熱心に講義を聞いています

photo4        ↑グループ練習~ピアノの回りに集まって、みんなで音作りをしています

photo2
↑グループ発表~ハンドベルのハーモニー奏、美しい音色が響いています

MMT「音楽療法研修会 高崎」

31日は、MMT音楽療法研修会が藤岡総合学習センターで行われました。高崎の公民館が取れず、藤岡市在住の会員さんのお陰で、良い公共施設に出会う事ができて感謝しております。
最初の個人指導で、音楽療法士受験対策のためのピアノのレッスンが行われ、その後8名が加わり、合計9名が集いました。 藤本先生は、ウイーンで開催された世界大会のお土産を、1つ1つのエピソードをお話ししながら、私達に下さいました。写真のようにどれも素敵で、みんな選ぶのに迷いながら…お土産を手にした私たちは、嬉しくてニコニコ♪。
藤本先生が音楽療法世界大会で重大な任務を遂行するご多忙な旅の中で、私達の事を忘れずにいて下さったことにみんな胸がいっぱいだったと思います。講義では、音楽療法におけるABAアプローチについて、1つの事例を読み込み、その文章から出来事を分析し、それを図式化することで、それぞれが理解を深めました。学生の時に学んでいた事でも、実際のセッションでここまで深く掘り下げて分析的に行動できていないことに気づく大切な学びでした。
その後のワークの時間には、参加者から現場での問題提起があり、その問題を一緒に考えることになりました。その方の切実な想いと状況をシェアしたうえで様々な質問や意見を自由に交換し合いました。やりたくてもやれない要因はさまざま考えられますが、本当にやりたいこと、ご利用者さんにして頂きたい事であれば、精一杯やることだと、初めの一歩を踏み出すことの大切さをみんなが感じて前向きになれた有意義な時間でした。参加者が自由に意見を述べ合いながら、それぞれがそれぞれに納得する結論を導き出すことができたということが何よりの成果だと思います。
最後の時間は音楽療法世界大会に関するお話でした。世界大会向けての苦労話や、日本開催が決まってからの活動など、貴重なお話を沢山お聞きすることができ、世界大会に向かって自分たちのできる事はなんだろうと考える機会になりました。 今回も盛りだくさんな内容で、実践に役立つ研修会でした。

群馬県内の方、県外の方も、私達と一緒に音楽療法を学びませんか? 次回は9月29日(月)高崎市内で行いますので、興味のある方は是非一度ご参加ください。
(記 稲葉)

問い合わせ・申し込みはMMTまでお願いいたします。

image
↑藤本先生の音楽療法世界大会(ウイーン)のお土産を集めたら、こんなに沢山!!

群馬県で行われる
講座と研修会

今週末、群馬県高崎市ではMMTが関わる講座と研修会が行われます。
ご案内がギリギリになってしまいましたが、研修会の参加お申込は前日8月30日(土)まで受け付けておりますので、お近くの方はぜひご参加下さい。

●8月30日(土) 
音楽療法講座 第3回 成人・精神科領域の音楽療法

・ 場 所:群馬音楽藝術学院ウインドホール
・ 時 間:14:00~17:00
・ 主 催:(財)群馬音楽藝術学院
・ 対 象:音楽療法士・音楽療法士資格志望者 、一般
・ 詳 細:詳細やお申し込みはこちらのサイトから

音楽療法講座画像

●8月31日(日)
第3回MMT「音楽療法研修会 高崎」

・ 場 所:藤岡市総合学習センター 群馬県藤岡市藤岡1485  TEL 0274-50-8228
・ 日 時:9:00~16:00
・ 主 催:NPO法人 音楽療法の会武蔵野(MMT)
・ 対 象:主にMMT正会員、音楽療法士・音楽療法士資格志望者
・ 申込締切:8月30日(土)

entry

第15回音楽療法世界大会
日本開催決定の瞬間!

2017年の第15回音楽療法世界大会日本開催決定が発表された瞬間の様子が
“World congress of music therapy(第14回音楽療法世界大会公式サイト)”からご覧いただける様になりました。
トップページ赤いスレッドのうちの一番下「LIVE STREAMS/VIDEOS」をクリック。移動後2つ目の動画「World Congress of Musictherapy 2014 Closing Ceremony」の50分頃からがその瞬間の様子です。

多くの拍手で迎えられ、感動的ですね。
誘致プレゼンテーション用の動画もそのまま録画されていますので、ぜひご覧下さい。
音楽療法が日本中に広がる大きなチャンスです。
大会開催に向け、気持ちを一つにしていけたら…と思います。
(記 藤本)

音楽療法世界大会について

「第14回音楽療法世界大会(14thWorld Congress of Music Therapy)」がオーストリアで開催され、MMT理事長の藤本が参加してきました。7日のプレセミナーはウイーンで、8日から12日まではウイーンから電車で1時間余りのクレムスのIMC University of Applied Sciences Kremsで、「Cultural Diversity in Music Therapy Practice, Research and Education(音楽療法の臨床と研究と教育における文化的多様性)」を大会テーマとして行われました。参加者は1,000余名で、ヨーロッパからの参加者がもっとも多く、日本からは私を含め20名余が参加しました。
大会中、毎日午前中はメインホールでスポットライトセッション、午後は数多くのワークショップ、口頭発表、ポスター発表が行われました。
私は、NPO法人MMTで取り組み始めた”地域に開かれた「音楽療法サロンGo」”の活動に関係のある「COMMUNITY MUSIC THERAPY」に関する発表を中心に聞いて回りました。様々な形態があり今後の発展の可能性を感じました。
また、大会での文化的プログラムとして、夜のドナウ川の船旅やホイリゲンパーティー、州知事によるレセプションなどがプログラムされていました。さらに日本から海外に留学している学生から「日本語で話そう」会が企画され、会場大学の学生寮に10数名が集まりました。私も出席しましたが、ホールで行われているRound Table「CULTURAL CONTEXTS IN MUSIC THERAPY EDUCATION AND TRAINING」に参加するために、様々な国にいる若い新しい仲間との今後のつながりを期待しつつ途中で退席しまししました。

そして、次回15回音楽療法世界大会が2017年7月日本で開催されることが決まりました!!
日本音楽療法学会では、世界大会招致委員会を結成し第15回音楽療法世界大会招致のためのBid Paper(申請企画書)の作成、プレゼンテーションの準備などを重ねてきました。大会開催中の7月8日(月)9:00から、日本駐オーストリア大使、村井靖児副理事長、加藤美知子大会招致委員長による招致の為のプレゼンテーションが行われ、日本開催が大会の閉会式で参加者の歓呼の声が響く中発表されました。

15回世界大会誘致プレゼンテーションの写真は“music therapy 2014(第14回音楽療法世界大会公式サイト)”からご覧頂けます。
トップページメイン下方のリンクバー4番目か左のカテゴリーから「picture gallery」に移動し、「tuesday」をご覧下さい。
(記 藤本)

1407159563763
↑ウイーン市内のシュテファン大寺院の塔の上から

1407159589611
↑メルク修道院の窓から見たドナウ川

1407159632946
↑ザルツブルグのヴォルフガング湖の船から撮った景色

1407159662302
↑ザルツブルグのモーツアルト生誕の家

140716105165614071610225311407161066774

←かわいいおみやげ達 
 ぬいぐるみは
 大会マスコット
 モーツアルトベアです

MMTホームページを開設いたしました

2013年9月に設立しましたNPO法人 音楽療法の会武蔵野(以下MMT)では、2014年7月1日にホームページを開設いたしました。
このページでは、音楽療法士及び音楽療法士資格取得志望者に向けての情報や日本音楽療法学会の情報など、MMTに限らず広く発信していきたいと思っております。

日本音楽療法学会のサイトは、必要な時にすぐにアクセスできるよう常に右側にリンクしてあります。
また、MMTが関わる講演会や研修会の長期スケジュールも右側のリンクからご確認下さい。

先日、(財)群馬音楽藝術学院主催の第2回音楽療法講座と第2回MMT音楽療法研修会高崎が二日続けて開催されました。
講座では、講義とワークが行われました。音楽療法士や音楽療法士を目指している方、ピアノやリトミックの先生、福祉施設の介護職員、作曲家、障がいのお子さんを持っていらっしゃる保護者の方などが参加してくださいました。
翌日の第2回MMT音楽療法研究会にも続けて参加される熱心な方もいらっしゃいました。

MMTの音楽療法研修会は音楽療法の現場で仕事をしている音楽療法士の質の向上を目的として少人数で意見のやり取りをしながら開催しています。
こちらも詳しくは右側にリンクを設けておりますが、各講演会や研修会は開催時期が近くなり次第、詳細をこのページでもお知らせする予定です。
また、「最新情報」でも、セッションや講演会等のお知らせを随時更新いたしますので、こちらもご確認下さい。
なお、各講演会・研修会の概要は「MMTの活動」をご覧下さい。

MMTでは、日本音楽療法学会などの音楽療法士資格取得についてのご相談もお受けしています。お気軽に下記のお問合せフォームからどうぞ。
contact
この情報ページが、音楽療法士及び志望者の技術習得や質の向上、また互いを研鑽するきっかけとなりますよう願っております。